読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終われない夏休みのヲタハッピーライフ

1998~ハロープロジェクトを応援してます

ゲキハロ「携帯小説家」レポ〜舞台挨拶編

千秋楽に参戦した楽しみの一つは舞台挨拶にもありまして。 それが期待以上だったので、それも記録して残しておきます。


朝の公演のミニライブが終わると、通常の舞台終わりの挨拶が始まりました。 舞美ちゃんの挨拶で「毎日一人選ばれて挨拶してたのですが、途中から劇団の人が選んで質問をし始める形式になり、今日も誰が選ばれるか?分かりません」との事。 


そこで劇団からは主役級の活躍だった?オカマ先生&オカマ弟子が登場して、それだけでかなり会場は盛り上がりまして、そこで選んだのは愛理ちゃん! 愛理ちゃんは上手く答えてる感じでしたね。 質疑応答の時も舞ちゃんロックオンで、その反応を見てたので、内容は忘れちゃいましたがwかなり笑いを取ってました! やっぱ「愛理は出来る子」だな〜って感じでした。


で、通常の挨拶が終わり舞台からはけるんですが、拍手が鳴り止まず、再びメンバーの登場です! 僕は最後の公演でしかやらないと思ってたので、かなり嬉しい誤算でした。 この時に舞美ちゃんが既に号泣してて・・・

从・ゥ・从<いつまでも皆さんの心に残る劇になってくれれば嬉しいです。


とか言うもんだから、ちょっと心の中で「舞美ちゃんゴメンよ〜最後は劇に集中して見るからね」とかで謝ってましたw いや〜やっぱ・・・あの純粋さには心を打たれますね。 そして後のメンバーは「あと1公演あるので最後まで頑張ります!」みたいな感じの挨拶でした。








そして、無事に千秋楽も終わると、いきなり梅さんが号泣。 けっこう声を上げてたのが分かるくらいだったので驚きましたね。 隣で舞ちゃんが肩をたたいて労ってたのが微笑ましい光景でした。 もちろん!この間に「栞菜号泣⇒なっきぃもらい泣き⇒ちっさー笑顔で涙」の℃-ute涙の方程式が成立してたのは言うまでもありませんw 愛理ちゃんも泣いてましたが、今度は舞美ちゃんは気丈に振舞って笑顔でした! 舞ちゃんは泣いてませんでしたね〜やっぱw


それから劇団の不良グループ役やってた人達が出てきて、舞美ちゃんに質問して、メンバーが演じた役の10年後はどうなってるか?を質問しまして、それに舞美ちゃんが一人一人の将来を答えてましたねぇ〜珍しく大きく噛むこともなくスラスラとw 


で、最後は女性の方が代表で「これから友達になってください」と叫ぶと、℃-uteの7人と一緒に肩を抱いて輪になる・・・僕は2階席からだったので、涙で目が・・・あ!8人で輪になってる光景って久々に見るな〜とか、そんな事も思い出したりして、余計に泣けてました。 








で、一人一人のイメージカラーに合わせた花束贈呈、舞台中央で最後の挨拶が始まります。 最初が梅さんで、あまりにも泣くもんだからティッシュが箱ごと渡されて、会場のあったかい笑いを誘ってました。 舞ちゃんは梅さんが挨拶してるのを脇で聞いてる時から、泣き始めてそっと涙を手で拭ってましたが、自分の挨拶の時には笑顔で登場! 相変わらずの口調で「〜なんですけど、〜なんですけど」を連発し、話が長くなりかけますが・・・

(o・v・)<とにかく!舞はこの劇でも成長できたと思うんで、これをこれからに活かしていきたいなぁ〜って思います!


と、話の途中から、強引に綺麗にまとめて終わりましたw

この舞台で得た物は大きいと思うので、また次の現場で舞ちゃんを見るのが楽しみです。 ホント今の成長ってスゴイものがありますからね。 ちょっと見ない期間が空くと大幅に変わってるし。





最後は主役を食う?活躍のオカマ先生が舞美ちゃんに花束を渡すんですが・・・

オカマ´д`)<尊敬する矢島舞美!!


と言って花束を渡すもんだから、ここで舞美ちゃん号泣。 僕もゾクゾクってなるくらい痺れましたね。 このオカマ先生の役者さんは、あいざわ元気さんとゆ〜方らしいですが、観客には知られない部分での、表には出ない影の努力も相当なものだと、共演者ならではの言葉かな〜って思いましたね。 ツアー後半と掛け持ちでの練習期間も含めて、ファンの側でも相当な努力があるのが分かるんですが、やっぱ自分の周りの人の心を動かせるのはホンモノですよね。


この方、あいざわ元気さんって自分の挨拶の時に・・・

元気´д`)<℃-uteにエールを送るぅ〜!フレー!フレー!キュート!!


って叫ぶんですけど、そんな所もカッコイイ人でした。