読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終われない夏休みのヲタハッピーライフ

1998~ハロープロジェクトを応援してます

世界の橋口恵莉奈が新宿末廣亭で落語を披露!

ところで橋口恵莉奈さんって皆さん知ってますか?

キャナァーリ倶楽部の「えり〜な」って言った方が話が速いかもw

とりあえず、まぁこの写真を見て頂ければ・・・ええ、可愛いんですけどね♪







とりあえず僕はTNX系、つまりナイスガールプロジェクトも、時々公式ブログとか、たま〜にヲタブログのチェックだけはしてるんですけど。 ま、ポッシボーとかキャナァーリ倶楽部くらいしか知りませんが、その中で小川真奈こと「おがまな」と、橋口恵莉奈こと「えり〜な」がですね、個人的に関心をもったといいますか。 


まぁアレです、僕のヲタ本能が逃しちゃ損だぞ!と言った訳ですw アイドルスカウターの戦闘能力的に、クリリンレベル(つまり人間最強だがサイヤ人ほどではない)かな〜と思ってたら、どうやらこの2人はナメック星人レベル(魔貫光殺砲を覚えたピッコロくらい)に進化してたみたいで。


で、まにゃのソロ曲のスッピンロックは、あ〜(同じソロ曲の)同級生の方が良かったな〜とか思ってたんですけど、今回のえり〜なの新宿末広亭での落語披露は・・・現場に逝きたかった!って思った訳ですよ、コレが。

THE ポッシボーキャナァーリ倶楽部の面々からなるNICE GIRL プロジェクト!のメンバーが、本日11月2日に落語の老舗「新宿末廣亭」で落語を初披露した。 「ナイスガールプロジェクト 初めての寄席〜ナイスなひと時〜」と題されたこのイベントには、NICE GIRL プロジェクト!所属の中から選抜された小学校6年生〜24歳のメンバー8名が参加。 今年6月から7代目桂才賀門弟子の桂才紫を監修に迎え修行を積んできた彼女たちが、いよいよファンにその腕前を披露することになった。




そして、はじめの根多(ねた)として11歳のえり〜なが登場すると、超満員の会場からは「待ってました!」というかけ声とともに大きな拍手が。 緊張感漂う雰囲気の中、根多「たぬき」を11歳とは思えない表現力で披露し、ファンを圧倒させた。




いやいや、橋口恵莉奈=えり〜なって、その芸歴の素晴らしさから「世界の橋口」とか言われてるらしいですけど(いや、ホントに子役時代含めて、濃い芸歴なので気になる方は、はてなキーワードからウィキを見てもらえば納得だと思います) そんな世界の橋口が半年も修行を積んで、落語を披露するとかね、これは見る価値あったな〜とか思って・・・逃すなんて惜しい事をしたな、と。 さすがに落語遠征はないでしょうけど、知ってれば何かの遠征の組み合わせとかでね。 半年も修行を積んだって部分には、娘。のミュージカル「リボンの騎士」とかを彷彿とさせられたり。


それに僕は新宿の末廣亭には、特に思い入れがあって。 いや正確には僕の亡き母の思い入れがあるのかな? とにかく僕が大学時代に母が上京してた時は、落語を聞きに末廣亭に連れて行け!と言ってましてねw 僕は無理矢理の同行させられてたんですが、聞いてみると意外に面白くて。 自分で逝く事はなかったんですが、母親が上京してきた時には、その後は必ず一緒に逝ってたんです。


とゆ〜訳で、そんな想い出の場所への想いもありつつ、思い出したのが春の℃-uteアルバムイベ@よみうりランド。 その日の夜は横浜アリーナ(の横)で、キャナァーリ倶楽部のライブがありまして。 僕は・・・よみうりランドから必死で駆けつけた訳ですよ! 必死にチケまで手配して!! 開場時間に遅れないために文字通り走って!!! 「昼にまいまい⇒夜はえり〜な」のフルコースとか、どんだけ南半球クオリティだよ!って話ですけどw


で、ライブの内容は、かなりのモノでした。 キャナァーリ倶楽部のパフォーマンスも高かったし、ヲタの一糸乱れぬコールも素晴らしかったw レポ書くの忘れてましたが、そのライブ動画貼り付けておきますんで・・・何が言いたいかといいますと!今後「えり〜な」と「おがまな」は、逃すとソンですよ!って話です。




とりあえず、可愛い系とカッコイイ系で。

この2つは見るべし!!!!!!!

ヲタのコール&MIXも完璧。

初恋イメージ 橋口恵莉奈=えり〜な

同級生〜押さえきれない恋 小川真奈=おがまな