読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終われない夏休みのヲタハッピーライフ

1998~ハロープロジェクトを応援してます

白いTOKYOの想い出

白いTOKYO ZYX



この曲は雪が降ったPVもかなり素敵なんですが、僕にとってのイチ推しは、テレビ番組「Fun」のスタジオライブVer.です。 これを見てシビレました・・・いよいよ時代がキタな!なんて思ってましたね。 当時の僕はガチなモーヲタで愛ちゃん1推しでしたが、キッズメンでも推すよ!同じ漢字表記だし全体でも4推し確定!!とか言ってましたねw


ZYXは御存知の様に、その後のリリースがなく・・・Berryz工房*1がクローズアップされ、随分と梅しい思いをしたものです。 そしてリリースどころか、何の情報も表に出ないまま放置された様になってましたが、その期間に気持ちが切れなかったのは、この歌のと未来への希望があったからかな〜。 特に大サビの台詞は携帯のヲタもだちからのメール着声にしてましたし♪


だから℃-uteとして再び表舞台での活躍が見れる様になった時は、ホント嬉しかったですね。 同じくユニットあぁ!のリリースがなく放置されてた愛理ちゃんと共にツインボーカルがガチでハマってたので、あ〜これは間違いないなと、そのうち必ずクル!とか確信してましたが・・・現場がゲリラライブばっかりで凹んだりw そんな時もこの歌を流してました。 わっきゃない(Z)より、よっぽど聴いてたなぁ(ノ∀`)


そうそう!℃-uteインディーズ初CDまっさらブルージーンズ♪今に見てろと〜自分に魔法かけた♪って歌詞があるじゃないですか? あれって℃-uteメンバーそのものの気持ちだと思うんですが、℃-uteとしての登場を待ちわびてたファンの気持ちでもあると感じるんですよね、今でも。 僕は白いTOKYOで自分に魔法をかけ続けてたんです・・・今に見てろ!って。 だからこそ!あの♪そこから始まる神秘は分析不能さ!♪って歌詞が胸に余計に響いたんですよ。 これからものすごい分析不能なヤバイ事がはじまるぞ!とか思って。







 
あれから色んな事があって・・・

この白いTOKYO℃-uteのライブで披露されて・・・

白いTOKYO ℃-ute

奇しくも、舞ちゃんがこれを歌ったのは、めぐと同じ歳の時なんですよね。


時期が時期だけに、まだ心の傷も癒えてなくて・・・ワンダコンの冒頭でいきなり全員で歌われた時もショックでしたが、こっちの℃-uteバージョンの時も、孤独感と切なさを感じながら、盛り上がる会場の中で、思いっきりロミオしてましたねぇ〜。 今でもどうかな?DVDで見る機会は少ないけど、随分と気持ちは和らいできたのかな??







PV 白いTOKYO ZYX


そうそう・・・雪って、まぁ僕が南国育ちって事もあって「憧れの風景」みたいな所もあるんですよね。 実際に雪がガンガン降ってる地方の方は、大変なだけかもしれないけどw 何かこう〜朝起きて一面が真っ白で、世の中の色んな汚い部分とかも白く隠してくれてる様な・・・そして気が付いた時には消えてる儚い存在とゆ〜か。








千奈美に、この白いTOKYOってかなり多くのヲタさんに支持されてるんですよね。 今よりももっと娘。中心だった当時の状況を考えれば、これは相当スゴイ事だと思います。 ホント楽曲いいからなぁ〜。

白いTOKYO

第3回ハロプロ楽曲大賞2004 楽曲部門2位

*1:最初は桃子はZYXの裏切り者だ!とか言ってましたw 2曲目のファイポで手の平を返して、桃子キャワ!とか言ってたけどww