読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終われない夏休みのヲタハッピーライフ

1998~ハロープロジェクトを応援してます

萩原舞ソロイベント@パシフィックヘブン〜歌2編

ネ申企画のあとは2曲目ですが・・・

愛のバカやろう


これは選曲ミスかな〜って感じで。 残念ながら後藤真希のを知ってる故に厳しかったですね。 特に舞ちゃんの声の特性もあって、高音の伸びが決定的に足りないとゆ〜か♪アイム・クラーイ♪とか言う部分のファルセット?とかは厳しかったです。 前回の松浦亜弥の青春宣誓みたいな感じの歌であれば、歌でも感動させられる存在を示せたのでしょうけどねぇ。 それでも何度の高い歌を選んだチャレンジ精神には感服します。 


まぁ萩原舞後藤真希を目指す訳ではないでしょうし、ごっちんに無いものをまいまいは持ってる訳で、間奏の時に照れながら、そして緊張しながらも、会場全体を見てリズムを取ってる所とかは、萌えの極みでしたけどw それでもパシイベの歌は、あの会場ならではの曲を聴かせてナンボですから、そう考えると別の歌でも・・・とかねぇ〜、それか時間のない中だったから、もっと練習を積んでボイトレでもしてたら違ったのかもしれないけど・・・この歌は惜しかったなぁって所でした。